金属アレルギーでもつけられる婚約指輪|人気のゴールドとプラチナ

2人の絆となる指輪を探す

ブライダルリング

福岡で結婚指輪を購入する際には、2人でじっくり選びましょう。もし遠距離恋愛の場合で彼女が福岡に住んでいたら、男性の方が福岡まで出向いて彼女と一緒に探します。日常的につけるのでシンプルなものを選びます。挙式の時の指輪交換で使うので、遅くても3ヶ月前には準備します。購入費は2人で負担するのが一般的です。

予算に合った選択をしよう

新婦

結婚式に憧れを抱いている人は多く、純白のウェディングドレスを着て教会で挙式するという夢があるでしょう。しかし予算に限りがある場合も多く、そういった時は購入ではなくレンタルを視野に入れることも大切になります。

指輪を買う時のコツ

箱に入った指輪

婚約指輪を銀座で購入するときはちょっと待ったほうがいいと言えるでしょう。それはどうしてかというと、銀座などで売っている金属の指輪は金属アレルギーのある人だと普通に装着できないからです。金属アレルギーの原因は既にわかっており、汗により金属が溶け出し、溶けた物質が原因で起こります。つまり汗に溶けにくい婚約指輪であれば金属アレルギーは回避できるのです。溶けにくい素材の婚約指輪だとイリジウムを使用したものや、ステンレス素材のものがいいでしょう。他にも木製のものだと木材で作っているので金属アレルギーの心配はないです。ジルコニウムであれば医療にも使われている安心の素材で、酸やアルカリ強く錆びにくい性質があります。変色しにくい部分も魅力的です。

銀座で売っている婚約指輪といえばゴールドやプラチナが定番です。しかしもっと個性を求めている人の間で好評なのが、木を使っているものや赤銅を使っているものになります。特に木材は非常に加工をしやすいため、自由な形にアレンジできるすぐれものです。風合いは木材の種類によって大きく変化します。赤銅は5%ほど金を加えている合金であり、発色処理を行うことでカラーリングを施せるのです。ちなみに銅が多く含まれるほど色が黒くなる特徴があります。ゴールドやプラチナと組み合わせると、おしゃれにコーディネートできるので遊んでみるといいでしょう。銀座にあるお店でも銅などの素材の指輪は売っているので歩いて探してみると良いです。

自分たちで指輪を決める

アクセサリー

婚約指輪の相場は、三か月分の給料の価格と言われています。しかしながら、人それぞれの考え方があるので、出来る範囲で用意をすると良いです。婚約指輪は、代々受け継いでいる家もありますし、代わりに時計を交換する人もいます。二人が納得がいけば、どのような形でも良いのです。